一日中雨だったウルトラマラソン

6月最後の日曜日
サロマ湖100キロマラソンが
湧別町・佐呂間町・北見市常呂町の3町を
舞台に開催されました


今年も息子を応援するために
湧別町で朝を迎えました

スタート
午前5時
号砲がなり3236人が
湧別町総合体育館をスタートしていきました

スタート (2)
激しい雨をものともせず
力強く走り抜けていきます

スタート直後
去年も似たような天気でしたが
スタート時は曇りでした

雨の中の大会は記憶にないとみなさん言われていましたが
本当に一日中雨が降りランナーにとっては
過酷な一日になりました

関門30キロ (2)
三里浜番屋で折り返して30キロ地点
この地点で一人のランナーさんがリタイヤを
申し出ていました

早い時間での到達だったので
もったいないなあと思いましたが
きっと体の異常があったのでしょう
収容車に乗っていきました

関門30キロ
また女性のランナーさんから
手がかじかんであけれないので
ドリンクのアルミパックの蓋を開けてほしいと頼まれました
蓋は小さいしきつく閉まっていたので
私でもやっと開けましたが
本当に冷たい手でした

水分補給
沿道のたくさんの給水所では
ボランティアの高校生や地元の方々が
ランナーをサポートしてくれています

テントもなく雨に濡れながらも明るい高校生の笑顔や掛け声が
ランナーにたくさんの勇気を与えてくれたことでしょう

月見が浜
42・195キロ地点のある月見が浜の道
天気がよければきれいなサロマ湖が見え
とってもいいところですが
残念です

町境
町の境界
これから佐呂間町です

サロマ湖
サロマ湖も山も寂しそうです


関門50キロ
長い緩やかな坂の下が50キロ関門


関門50キロ (2)
そしてまた緩やかな坂を上ると


地点51キロ

サロマ湖を見ながら緩い下り坂が続きます

レストステーション
55キロ地点のレストステーションのホテルが見えて来ました
今はホテルの営業はしていませんが
この日だけは賑わいます


荷物
出発時に預けた荷物をここで受け取り
着替えたり小休止して
またここで預けた荷物は
フニッシュ地点まで運ばれていきます

サロマ道の駅
道の駅は広い駐車場が満杯
少しでも隙間があるところはみんな車が止まっています
レストステーションにも歩いて行けるし
広いので応援もしやすいのです
ちょうどいい場所にあるんですよね

この時だけ雨がやんでいました


キムアネップ岬へ (2)
いよいよキムアネップですよ
魔女の森が待っていますね~(^^♪

キムアネップ岬へ
今年はキムアネップに行って応援するつもりで
下見もしていましたが雨なので行くのをやめました
(行こうとしていた道が砂利道の部分もあったので・・)

栄浦
栄浦に来るといよいよワッカが近い・・・
70キロを過ぎてランナーさんたちの疲れもピーク
今年は特に寒さに体力を奪われてエードで座り込む人も・・・
低体温症が一番心配ですね
北見赤十字病院のドクターカーもすぐそばに待機していました

「お汁粉を食べてがんばって!!」と
一生懸命声をかけていた人がいました

少しでも温まれるなら本当に助かりますね

ワッカ原生花園はオホーツク海とサロマ湖に挟まれ
両方から冷たい風が吹き
寒さがひときわ厳しかったのでは・・
息子もワッカに入ってから(80キロ~)出てくるまで
3時間近くかかっています

それでもなんとかゴールで来ました
思ったより元気そうでした

ゴール (2)


まだ今年の完走率などでていませんが
いつも以上に過酷なレースになった今年の大会

走り終えたみなさんが無事に帰宅され
体を壊したりされていませんように

大会関係者やボランティアのみなさん寒い中
ありがとうございました

スポンサーサイト

川湯へ

看板
少し前といっても今週の火曜日のことです
職場の友人と川湯方面へ遊びに行きました
目的は美味しいランチですが
まず腹ごなしにイソツツジが咲く
つつじ原を散策

この場所が好きな友人に連れてきてもらいました

この散策路を歩くのは初めてなんですよ
いつもは道路から見るだけ・・
意外と整備されていて
歩きやすかったです

イソツツジ (3)
場所によっては満開のところも(^^♪

イソツツジ

かわいい花ですよね

イソツツジと硫黄山 (2)
イソツツジと硫黄山

去年の台風の影響があるのか
水の流れたようなところがあり
花がないところもあります

友人いわく以前見たときは一面雪のように白かったというのですが
今年はあちこちでこのようなところが多いですね

一番の目的は
ミリヤ
以前にブロ友さんが紹介されていたお店

美森家

さんでランチです
数量限定の季節の野菜たっぷりのスペシャルカレーは
写真も撮らずに完食(^^♪

IMG_1710.jpg

デザートのスワンのシューもおいしかったです
ゆっくり贅沢な時間を楽しんでおなか一杯になりましたよ

帰りは和琴半島の散策路を歩いてきました

遊歩道
和琴半島の周囲が約2.5km、. ー時間くらいで手軽にまわれる 遊歩道です
左側が屈斜路湖です

湖面 (2)
屈斜路ブルーと言われる湖面
ブルーと言うより木々が映り込んでグリーンになってます

湖面
いつも見ている屈斜路湖からは想像の出来ない色です
こんな素敵な場所もあったんですね

ジンヨウウイチヤクソウ
ジンヨウウイチヤクソウがたくさん咲いていました

湖面から

藻琴山が見えます

一緒に行った友人ですが
私とは二回りも違う
若いお嬢さんなんですが
本州出身で北海道に憧れ
もっと若いころは何ヶ月もかけて道内を放浪の旅(本人の弁)をし
ついに移住を決意し今は私と同じ職場で働いています

そんな彼女と歩いていると面白いことや変わった人と遭遇することがありますが
今回もすごい出会いがありました

やはり本州から半移住している人
4月から12月まで北海道にいて
本当の冬だけ本州に帰るという70代のおじいさんなんですが
とってもユニークな方というかとてもすごい方だったんです

こういう出会いがあるから北海道が好きなんだとは彼女の弁
確かに~~

私も好きですよ

美味しいものを食べることが出来
二つの散策路を歩き
リフレッシュした一日に大満足の一日でした

これから明日の100キロマラソンの応援に出かけます
今から膝がいたいという息子
果たして完走できるかどうかわかりませんが
今年もどんなドラマが展開されるか楽しみにして行ってきます(^^♪


ウエンシリ岳に行ったけど

西興部村教育委員会と
オホーツク総合振興局西部森林室主催の
ウエンシリ岳(1142メートル)登山会が
18日の日曜日にあり参加してきました
看板

参加者は一般参加者やスタッフなど
総勢68名の大人数でしたが

A~E班までグループ分けして
班ごとに5分おきぐらいに中央登山口から登り始めました

ウエンシリとはアイヌ語で
「悪い山」または「険しい山」と言うそうです
確かに登りがきつく
ロープで登る場所もあったりと面白い山でしたが

体調不良で2時間ほど登ったところで
私は無念のリタイヤをしてしまいました

「1000メートルは超えているよ」と言われましたが
それからまだ予定では1時間30分以上かかる
地点での撤退悔しいですね

暑いのに冷や汗が出てきて
めまいがして・・
きっと寝不足と急な暑さのせいかもしれません
夫は血圧の薬を飲み忘れたからだといっていますが
実は同じような状態が
去年の夏に雄阿寒岳登山でもあり
リタイヤしていたのです
これで2度目
山は好きだけどだんだん行けなくなってしまうのかな~

ウエンシリ岳
(真ん中の雪渓のある高い山がウエンシリ岳)

ただ初めから12時の時点で全員登頂できなくても
引き返すという話でしたので多分そのまま登っていても
途中で引き返すことになったでしょう

出発地点に戻って休んでいるとき
登頂したのはÅ班とB班と言う無線が入ってきました

私はC班でしたので・・・
少し気持ち的に楽になりました

イワカガミ

イワカガミ
途中では花を写す余裕がなく
なんとか写したのはこれだけです

前日は町の中にある森林公園キャンプ場で車中泊したのですが
そこにある池に
池

カワセミがいましたよ
少し遠かったのでトリミングしましたが
よくみるとカワセミの前にへんなものが?
なんだろう~~?

カワセミ

西興部村は人口が少ないけど
広くて花がいっぱいで
とてもきれいな村です

興楽園
興楽園という
純和風庭園も見所の一つです

キャンプ場から徒歩圏内に
公園や温泉・コンビニなどありなかなかいいところでした

山はリタイヤしましたが
ゆっくり町の散策ができよかったです
(ちょっと負け惜しみもあるかな・・)

紫竹ガーデン

週末というと雨が降り
運動会泣かせの天気でしたね

先日11日の日曜日も雨
地元の小学校の運動会も延期になっていました

天気予報を見ていたら十勝は曇りの予報
出かけるなら十勝方面だろう
ということで
ぼちぼちゆっくり道の駅を巡りながら
紫竹ガーデンへ行ってきました

紫竹ガーデン (2)
紫竹ガーデンは紫竹昭葉さんという一人の女性が
63歳から作り始めたお花畑ですが
私の下手な説明より

「紫竹ガーデンの成り立ち」

を読んでいただいた方がよいでしょう

リボン花壇
メインのリボン花壇

ボーダーガーデン
宿根ボーダー花壇

クレマチス
今はクレマチスが見頃でした

クレマチス (3)


ケマンソウ (2)
ケマンソウ
タイツリソウと呼ばれることが多いかな

お庭
広いお庭をゆっくり見て歩くととても落ち着きます

カエル
カエルさんたちや

羊
羊たちもいます

花だけではなくさりげなく置いてある
テーブルやイス
その他の小物たちがいい雰囲気を出しています

IMG_1625.jpg

IMG_1629.jpg


IMG_1641_2017061309102250d.jpg


チゴユリ



花と畑
花畑の向うに畑が見えます
本当に広い十勝の畑の真ん中にあるんですよ

日高の山々
雲の隙間に日高の山並みも少しだけ見えました
晴れていればグルっと日高の山々に囲まれている風景が見えるはずです


今年も「北海道ガーデン街道チケット」を購入しました
8つのガーデンの中から4ガーデン選べますが
次はどこへ行こうか思案中
まあ秋(10月ごろ)まで使えばいいのでのんびりしていますが・・・

週明けからは天気が続きそうでよかったですが
あまり気温が上がらないので畑の作物などに
影響が出ないといいなあと思っています

早く暖かくな~れ!


今年初めての山行き

藻琴山
昨日の土曜日
今年初めての山はどこにしようか
仁頃山?
藻琴山?
といろいろ考えましたが
夫と二人ならと藻琴山にしました
(仁頃山は一人でも行けるし・・)

昼から雨が降る予定
朝早く出かけていきました

ミツバオウレン
ハイランド小清水の登山口についたら
相変わらず霧が出ていて寒いです
今日も花見登山だねと足元を見ながら・・・

一番多く咲いていたのはミツバオウレン
その周りには

ヒメタケシマラン
ヒメタケシマランと

なんの花?

いろいろ調べてたぶんエゾゴゼンタチバナかなと思います

ガマズミ
ガマズミです

屏風岩 (2)
今まで全く見えなかった屈斜路湖が屏風岩の先に
かすかに見えてきました
このまま霧が晴れてくれたら・・・

屏風岩
下から吹き上げる風が強くて
飛ばされそうですが
その風に負けずと花が咲いてます

ハクサンイチゲ
ハクサンイチゲです
この場所だけに咲いているんですよね

頂上
頂上です
やっぱり何も見えません(悲)
頂上直下の広場はいつも賑やかなのに
珍しく人がいない・・
天気のせいかな?

岩陰でおにぎりを食べて休憩し
下山です

振り返れば2
途中で振り返ると頂上が見えました

ウコンウツギ
ウコンウツギ
まだ蕾が多い中でこの花だけ咲いていました

屏風岩と屈斜路湖
ラッキーなことに下山を始めてしばらくすると
霧が晴れてきて屈斜路湖がはっきり見えてきました
屏風岩からもはっきりと(^^♪

振り返れば
もう一度振り返ると
頂上がくっきり!!

チシマザクラと屈斜路湖
チシマザクラもまだ咲いていますよ
屈斜路湖と📷

チシマザクラと斜里岳
霞んでいますが
斜里岳と📷

すみれ
スミレ
何スミレかは調べると疲れる・・・
のでスミレです

コミヤマカタバミ
コミヤマカタバミ
よく見かけますね


ツマトリソウ
ツマトリソウ

斜里岳
斜里岳
頂上付近に雲がかかって
全容が見えませんが
ここまで見えればいいだろうと納得
まあまあの登山になりました

昼から雨予報でしたが
夕方まで降らず何とか一日持ちましたよ
プロフィール

soraの風

Author:soraの風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる