FC2ブログ

知床峠から羅臼へ

呼人の水芭蕉を見た後は
いつもの鱒浦の駐車場です
今日も知床連山がきれいに見えます

これからあの羅臼岳の麓へ
知床連山

ウトロと羅臼を結ぶ国道334号線
通称知床横断道路が26日冬の通行止めが
解除になったのでさっそく知床峠へ
知床

知床峠です
すっきりはっきり
こんなにきれいに見えるのは珍しいです
知床峠

珍しいといえば国後島がはっきり見えます
いつもウトロ側が晴れていても
羅臼側は雲っていたりガスがかかっていることが
多いのでこんなにはっきり見えるのも珍しいです
北方領土 (2)

北方領土が日本の領土だと
改めて思います
知床峠 (2)


北方領土 (3)

羅臼へ向かいながら
どこからでもはっきり見えます
北方領土


羅臼への道


羅臼への道 (3)


羅臼への道 (2)

羅臼の道の駅 (2)
羅臼の道の駅に展望台があります
そこから見ると羅臼の海が一望
国後島もこんなに近くに見えます
手が届くほど近いのにどこよりも遠い島

ウトロへ
羅臼からどこへ向かうか・・
根室か摩周方面か・・・
一応車中泊の準備もして出かけましたが
ウトロへ戻ることに
その決断をしたのが15時14分
横断道路が通れるのは当面10時から15時30分まで
急いで入口へ
うまく15時24分通過

ウトロの海が見えてきました
見慣れた風景にほっ!
ウトロの海へ

15時48分
ウトロ側の閉鎖門通過
入り口はもう閉められています
閉鎖

結局寒そうだねということで
車中泊をあきらめ
この日は帰ってきました

スポンサーサイト

フレぺの滝へ

散策路 (3)
翌日は朝からフレぺの滝へ
知床へ行ったときは必ず歩く散策路

自然センターでスノーシューを借りて・・と
以前は無料で借りれたのに
今は500円だって・・いつの間に・・・
仕方ないですね

フレぺの散策路 (2)
個人で歩く人がほとんど
道が固まっているので長靴でも歩けましたが
横道を入ったり
好きなところを歩けるのがいいですね

フレぺの散策路
森を抜けると広い草原に出ます

フレぺの滝 (6)
フレぺ周辺は風が強く
ほとんど雪がありません

フレぺの滝 (2)
けど見事に凍っていますよ
これが見たくてここまで歩いてきたのです

フレぺの滝 (9)
見事なエビの尻尾でしょ
迫力があって好きです

フレぺ

原生林をスノーシューで

オシンコシンの滝
この週末知床へ行ってきました

まずは氷瀑になりつつあるオシンコシンの滝から

オシンコシンの滝 (3)
迫力を感じつつ
でも寒さも感じつつ・・・

夏の賑わいがうそのように
私たち以外誰もいません

散策路
今回は知床の原生林をスノーシューで歩きたい
ということでやってきました

ただ自分たちだけで歩くことは無理なので
今回も「知床五湖をスノーシューで歩く」時お世話になった
知床ネイチャーオフイスさんにお願いしました

雪の量はいつもの年の半分ぐらい
soraの町から見てもズ~と少ないですね

話はそれますが
朝8時家を出発したときは
前日の雨でツルツルてかてかの道路が続き
約束の時間に間に合わないのではと心配しながら出かけたのですが
網走の手前あたりからウトロまでうそのように道路が乾き
とても走りやすくなりました
こんなに違うの?といった感じでした
やはり内陸と海岸沿いでは気温も雪の量も違うようです

昔開拓者たちが開墾し今は自然に戻りつつある開拓地から歩き始め
夏は歩く道のない原生林の中の獣道を歩いて海岸線に出ます

エゾシカ (2)
風が強いため雪がほとんどない草地で
エゾシカが雪の中に顔を突っ込んで草を食んでます

エゾシカ (3)
突然現れた私たちに気が付いて
「誰?」
という感じで上げた顔には
雪がついてますよ(^^♪

エゾシカ (6)
横の森の中にもエゾシカたちがいます
こちらは風も来なくて暖かいんですよね~

象の鼻 (3)
晴れていればずっと先に知床岬が見え
知床連山の硫黄山などが見えるのですが・・
霞んでいます

手前の崖は「象の鼻」といわれているところで
普段は海からしか見ることができません

この計画を立てたときには
流氷が一面接岸しているはずだったのですが・・・ね~

象の鼻
この崖の上にハヤブサがいるのですが・・
双眼鏡で見るとはっきりわかるのにカメラではこれが限界

オオワシ (6)
上空にはオオワシも飛んでいます

湯の華の滝(男の涙)
森の中を歩き次に向かったのは
湯の華の滝
別名男の涙と呼ばれ
この滝も海から見ることができます

とても風が強く
立っているのもやっと
毛糸の帽子も飛ばされるほどで
早々に退散です

湯の華の滝
フレぺの滝が「乙女の涙」と呼ばれているのに対し
勢いよく流れていることから「男の涙」と呼ばれています

岩から湧き出ているところは同じです

クマゲラ (5)
そろそろ終盤
森の中を歩いていると
巣穴から顔を出しているのは
♪クマゲラ♪


クマゲラ (3)
夕刻だったので
もう家に帰ってきていたのですね

どうも一羽だけのワンルームのようです
これからここで子育てするかどうかは
わからないですけど
そうなってくれたらうれしいな~~

このツアーの最終で最高の出会いになりました

この続きはまた後で(^^♪

フレぺの滝とエゾシカ

知床自然センターから散策路を約20分ほど歩くと
フレぺの滝に出ます

久しぶりに行ったらセンター内がすっかり改装されて
広くすっきりしていました
4月20にリニューアルオープンしたそうです

エゾシカ
散策路ではエゾシカの親子が草を食んでいました
こちらを見ますが
気にする風でもなくゆったりしています

エゾシカ (6)
この草原はエゾシカたちの住むところ
人間がお邪魔するのですから
当たり前ですね

羅臼岳が大きく見えます

フレぺの滝
乙女の涙とも呼ばれるこの滝
連山から染み出した地下水が
少しづつ流れています


フレぺの滝 (3)
この崖にたくさんの海鳥たちのコロニーがあり
賑やかです
灯台とともにここから見る海が好きです
船が来ましたね


フレぺの滝 (2)
さっき乗ったオーロラ2です


エゾシカ (4)
帰り道今度はオスジカと遭遇
春に生え変わった角でしょう
だいぶ伸びていますね

フデリンドウ
まだ花の時期には早く
咲いていたのはフデリンドウだけでしたが
この花を見ると春を感じますね

本格的な観光シーズンになる前だったからでしょうね
行くとこ行くとこ観光客が少なくてゆっくり歩くことができました

ただシーズン前ということで
営業していないところもあったりして予定が狂うことも・・・
(6月からと言うとこが多い)

どちらがいいのかな~~


遊覧船に乗って

IMG_7017.jpg
久しぶりの知床
ほぼ一年ぶりでしょうか
時期的なことなのか
以前より観光客が少ないような気がしました
どこへ行っても車の台数が少なく
こちらとしては楽でしたけど(^^♪

今回は遊覧船に乗ってみました
「オーロラ2」
冬の間は網走で流氷観光船として働き
夏の時期は知床で遊覧船として
有効に利用されていますね


IMG_5405.jpg
ウトロ漁港とゴジラ岩


IMG_6997.jpg
海から見ると
強い波や流氷で侵食された
岩や荒々しい岩肌が印象的です

IMG_6998.jpg
長い長い年月を経て
世界遺産といわれる自然の姿になったのでしょう

IMG_7004.jpg
海から眺める知床連山
すこしかすんでいますが
今回はどこへ行ってもきれいな山が見られました

IMG_7007.jpg
硫黄山とカムイワッカの滝
船はここで折り返します

岬まで行きたかったのですが
6月にならないと運航しないようです

IMG_5447.jpg
赤い足が特徴のケイマフリ

IMG_5412.jpg
集団でいるのはウミウ

IMG_5426.jpg
カムイワッカの滝の近くの細い川に黒い物体が?

IMG_5430.jpg
ヒグマですよ(^^♪
乗組員の方がアナウンスで教えてくれます

前の便ではヒグマ2頭とイルカが見れたそうで
期待していたのですが
イルカは見れませんでした
ちょっと残念
でもヒグマがいただけでいいか~~

IMG_7011.jpg


IMG_5465.jpg
乙女の涙ともいわれるフレぺの滝
海から見ても流れは少ないですね

この後はいつもの場所からのフレぺの滝を(^^♪
プロフィール

soraの風

Author:soraの風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる