東藻琴芝桜公園

今朝の気温は8℃今日も良い天気です
気温も上がりそうです

昨日も晴れて気持ちの良いお天気でした
ただ風が冷たかったですね

オホーツク地方には花回廊があり
先日行った湧別のチューリップ
滝上の芝桜
東藻琴の芝桜
丸瀬布の藤
遠軽のコスモスなどたくさんの花の名所があります

昨日は東藻琴の芝桜を見に行ってきましたよ
今年は開花が早く16日に満開宣言が出されていました
その後ずっと寒い日が続いていたために
花が持っているということでした

芝桜 (2)
約10haの広い敷地に満開の芝桜
あたり一面甘い香りに包まれて歩くのは気持ちがよいです

芝桜
頂上まで続く287段!もの階段
でも階段を上らなくても遊歩道が作られていて
ゆっくり歩きながら山を廻ることができますよ

芝桜 (11)
遊歩道にはチップが敷かれていて
とても歩きやすいですし

芝桜 (4)
遠目にはこんな感じ♡
花に包まれていて幸せな気分になりますよ

芝桜 (3)
芝桜祭り中ですが今年で35回目
この芝桜の始まりはそれより前に
花好きな一人の男性が一人で少しづつ山を切り開き
一株づつ植え付けて今の芝桜公園を形作ったそうですよ

芝桜 (5)

芝桜 (6)

芝桜 (7)

芝桜 (8)
芝桜の向うに
藻琴山が見えます

芝桜 (9)
ちょうど遊覧飛行のヘリコプターが・・
空から見たらどのように見えているのでしょうね(^^♪


芝桜 (10)

芝桜 (12)
ノンキ―マークがあるのは西斜面
牛がのんびり(^^♪
「のん気」と「ノン・キー」(心に鍵・キーをかけない)
ゆっくり暮らすという意味で
新しくできた道の駅も「ノンキ―ランドひがしもこと」です

芝桜 (13)

芝桜 (14)

芝桜 (15)
南斜面側
東藻琴の紋章だそうです

芝桜 (16)

芝桜 (17)
西斜面側の上から見た風景
ゴーカートコースもあったり
広場が見えます

なかなか全体を写すのは難しい~(^^♪

一時間以上も歩きましたが
どこまでも甘い香りに包まれゆっくり
癒された時間を過ごしました

もうしばらくは花は楽しめると思います
機会があれば寄って見てください

スポンサーサイト

チューリップ公園

暑い日があるかと思えば12~3℃ぐらいしかならない日もある
今日はそんな寒い日でした

雨の予報も出ていましたが
夕方まで曇りで経過しました

休みの前日に
息子から「チューリップ見頃ですよ」と連絡が(^^♪

それならばと友人を誘って
湧別のチューリップ公園に行ってきました🚗

チューリップ公園 (2)
平日でしたがまあまあの人出です
観光バスが何台も来ていましたが
広い園内(東京ドーム2.5個分の広さ)では
人の多さも気になりません

チューリップ
花びらのフリンジがかわいい♡

チューリップ (9)
途中に置かれている展望台の周りのムスカリが
色とりどりのチューリップを際立たせてくれています

チューリップ (7)


チューリップ公園
後ろの白い建物は
郷土博物館ふるさと館JRY(ジェリー)と言います
チューピット号も大活躍

チューリップ (5)
振り返ると雪の残る北大雪(だろうと思っていますが)
がはっきり見えています
今日は雲っていましたが空気が澄んでいたのか
走っている途中にもいろいろな所で山がきれいに見えました

チューリップ公園 (3)

チューリップ (6)
フリンジの花が目立ちました

チューリップ (4)
今回はこの撮り方にこだわってみました


チューリップ (8)
いろいろ試してみました

チューブ公園
今年は北海道が命名してから150年
そのロゴマークをチューリップで作っています

チューリップ (2)

チューリップ (3)

男山自然公園

30日は朝から旭川の隣の比布町にある男山自然公園に行ってきました
男山酒造の所有する山で一面に咲くカタクリの自生地として有名で
カタクリの咲くこの時期だけ無料開放されます

散策路
散策路がきちんと整備され足元の道には
チップが敷かれところどころにベンチが置かれ
ゆっくり散策できます

白いカタクリ
白いカタクリが咲いてました
ピンクもいいですが
白い花は凛として見えますね

散策路 (2)
下を走る国道40号線が見えます
高さがわかりますよね

カタクリ (3)
何度か訪れていますが
今年は一番よかったかなと思います

水芭蕉と
水芭蕉は葉が大きくなりすぎてますが
エゾノリュウキンカとコラボしてきれいです

ザゼンソウ
毎回探すのが楽しみなザゼンソウです

カタクリ (4)

男山自然公園のブログを見たら
5月1日の夕方に公園近くでヒグマの目撃情報があり
安全のため2日から6日まで休園になり
そのまま今年の営業を終えたそうです

見頃だっただけに残念ですね
私は良い時を見れてよかったですけど(^^♪

上野ファーム

北海道ガーデン街道の中でも人気の高い「上野ファーム」は
ガーデンデザイナーの上野砂由紀さんのガーデンです

上野ファーム

本場で学んだイングリッシュガーデンをベースに
北国ならではの開花期や鮮やかな花色など
北海道の気候風土で育つ植物が作り出す庭を
「北海道ガーデン」とし
四季折々に開花する宿根草を中心としたお庭です

クレマチスとバラ
レンガの壁を覆い尽くすクレマチス

散策路
どの花も背丈が大きい
手入れがいいのでしょうか

クレマチス


花 (2)

ボーダーガーデン
ミラーボーダー
鏡で見るように左右対称に
咲いている花たち

白樺の道
白樺の小道
涼しげです

ノームの庭 (4)


ノームの庭
このガーデンの中で一番好きな場所です

2015年の北海道ガーデンショーの時以来ですが
その時プレオープン中だったノームの庭の
花々の成長にびっくり

ノームの庭 (7)
ノームの家が花々に埋もれています

ノームとは真夜中にこっそり出てきて
庭仕事を手伝うという妖精のことです

ノームの庭 (2)

ノームがたくさんお仕事をしたのでしょうね

ノームの庭

色とりどりの花が満開です

ノームの庭 (5)


花
花の下にノームを見~つけた

カエル (3)
今は蕾ですがハスの花が咲いたらきれいでしょうね
と見ているとあれ?

カエル (2)
かわいらしいカエルがいましたよ
ノームのお友達かな?

ノームの散策路
ノームの散歩道
ここも以前にはなかったところ
久しぶりに行くと新しい発見が楽しいです

射的山 (2)
射的山をぐる~と一周できるようになりました

射的山
のどかな田園風景
上野ファームも以前は米作り農家さんだったのです

のんびりと
ゆったりとした時間が流れています
このお二人どんな会話をされているのでしょう

展望台からノームの庭
ノームの庭を見渡せる展望台もできていましたよ

どんどん進化するガーデン
何度でも来たくなるお庭です

これでやっと先週の3日間の報告が終わりました
ダラダラと長いお付き合いありがとうございました

雨の予報で

雨竜の道の駅で16日日曜日の朝を迎えました
前日の天気予報では昼から雨
朝早くに登れば雨が降ってくる前に降りてこれるだろう
と考えていましたが
朝になってネットで確認すると雨が降りだす時間が9時になっている~
おまけに雷雨のマークも・・・・
私の足では絶対雨に当たるだろう・・・
雷雨時の怖さは黒岳で経験済みだし・・・

結果は一度登っていることもあり
次回条件の良い時に登ることに決定

じゃあこれからどうする?
ガーデンチケットもあるしなあ~
道の駅スタンプも押したいしなあ~と
地図を見ながら富良野に決定

それも今まで通ったことのない道
歌志内や芦別を通って富良野プリンスホテルのそばにある
「風のガーデン」に決めました
旭川でホテルを予約しているので
帰りはいつもの美瑛周りで旭川がゴール

うまくいけばラベンダーも見れるかもしれないし・・ね

ということで風のガーデンへ

入り口
倉本聰脚本のテレビドラマ『風のガーデン』の舞台になった場所です

プリンスホテルのそばといっても風のガーデンは
そこから1キロほど離れた場所にあるので
送迎バスで移動します

IMG_2123.jpg
ガーデンデザインは上野砂由紀さん
大雪森のガーデンや上野ファームなど
素敵なお庭をたくさんデザインされている方ですが
自然を大事にする優しい感じが好きです

クレマチス
グリーンハウスのテラスに巻きついている
クレマチスが横にさいているのが新鮮です

クレマチスとトンボ
そのクレマチスにトンボが(^^♪

蝶々
トンボだけでなくガーデンのあちこちに蝶々や
蜂
蜂がいて楽しませてくれます


蝶々 (2)


バラの道
薔薇の庭
このガーデンができたころ一度来ていますが
この庭はなかったような気がします
どんどん広がっているんですね

野の花の散歩道
そしてこの野の花の散歩道も


野の花の散策路
野の花だけでも素敵な庭になるんだな~と
庭というよりは懐かしい野原といえばいいのでしょうか

いろいろ楽しませてもらいました

送迎バスに乗ってホテルに戻るころから雨が降り始め
だんだん強くなっていきました

ラベンダーもゼブルの丘も車の中から
「見た見た」ということでこの日の行動は終わりです

この日は各地で豪雨となり私の住む町ではところにより
1時間に75ミリという大雨になり
停電もあったと後から聞きました

暑さが一変して豪雨になったり
昨日は肌寒い気温になり
掛け布団をだしました

やはり最近の天気は変ですね
温暖化の影響なんだろうな~
プロフィール

soraの風

Author:soraの風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる