FC2ブログ

バルーンを探しに

「上士幌ウインターバルーンミーティング開催」
という記事を見つけてどんなものかも知らずに
たくさんバルーン=熱気球が見れるのかな~と
会場の上士幌町へ行ってきました

夏なら上士幌へは道道を通る近道がありますが
冬は危ないので国道を行きます

-31・8℃を記録したくさんのテレビ局が集まっていた
陸別を通ります

陸別
朝から何度も登場した道の駅前のデジタルの温度計

10時ごろに行きましたが10℃以上気温が上がってます
さすがにこの時間にはその関係者はいませんでした

私たちのようにドライブがてらに寄る方が
記念写真を撮っていましたよ

陸別 (2)
中へ入ると陸別の中でも
もっと寒い下陸別観測所というところでは
-38・4度を記録したと書かれていました
(光が入ってみずらいけど)
公式ではこの駅前なんでしょうけど
どこなのかわかりませんが陸別町も広いですからね
でも-38度は想像ができませんね

道の駅には廃線になったふるさと銀河線の車両や線路が保存されていて
車両の運転体験や乗車体験ができます

懐かしいラッピング列車のメーテルの長い髪が
窓の間から見えています

バルーン競技
上士幌町に入ると
バルーンがあちこちで上がっています

バルーン競技 (6)
フライングという競技らしいのですが
会場の航空公園に行ってみました

ここに行けばたくさんバルーンが見られるのかと思いましたが
全く・・・?です

どうも町内のいろいろなところから上昇し
航空公園に向かった来ると言うことらしいです

バルーン競技 (5)


バルーン競技 (4)

バルーン競技 (2)


バルーン競技 (3)
公園に向かっているようにも見えるし
また方向を変えて遠ざかっているようにも見えるし・・・
実際のところよくわかりませんでした

会場では
熱気球に体験搭乗ができます

ちょうど暖かい空気を送り気球を立ち上げ
浮上するまでを撮れたのでその過程を載せてみました

バルーン1

バルーン2

バルーン3

ばるーん4

バルーン5

バルーン7

上士幌では8月にも開催されていて
8月のほうがメインのようなので
その時にまた見に来てみようかな思いました
スポンサーサイト

夜の水族館

先週の土曜日26日に
「おんねゆ温泉郷雪物語」と言うイベントがありまして
それに合わせて山の水族館が夜8時まで開館していたので
花火を見がてら行ってきました

鳩時計ライトアップ
おんねゆ温泉道の駅の
自慢の世界一大きな鳩時計は只今休眠状態
今は青いイルミネーションを身にまとい遠くからでも目立ちます

山の水族館ライトアップ
山の水族館はその道の駅の敷地内にあります
小さな小さな水族館です(^^♪
(JAFに入っている方はクーポンを使うと少し安く入れますよ)

滝つぼ
入るとすぐに大きな滝つぼの水槽があります

ひと時の休憩
オショロコマやイワナなど小さな魚たちが
アオサギなど外敵から身を隠したり
上流から流れてくる虫たちを捕まえるために
滝つぼは魚たちにとって大事な場所なんですね

凍る水槽
「北の大地の四季」と呼ばれ
外とつながっている水槽の上部が凍結しています
自然の川の状態を表していますが
氷の下で魚たちは動きはゆっくりですが
生きていますよ

只今結氷中
気温-7.4℃
今年は寒い日が多く早めに全面結氷したようです

イトウ
ここでは幻の魚といわれる「イトウ」がメインかな
特に1月10日は「イトウの日」なんですって

だからかな?
イトウに関するものが多かったです
イトウの紹介 (3)

イトウの紹介 (4)

イトウの紹介

イトウの紹介 (2)
という具合です
なかなか分かりやすいでしょう(^^♪

SNS風
そのほかに阿寒湖のいつメンたち
マリモやウチダザリガニ・二ホンザリガニたちのライン風な会話など
工夫がされていて面白いです

ついつい読んでしまいます(^^♪

ブタバナガメと魚たち
ブタバナガメというかわいそうな(?)名前のカメと
大ウナギとアロワナたちが一緒に泳ぐ水槽や

熱帯魚
熱帯魚などあります

北の大地の水族館
この水槽の中にいる魚たちを
今まで気にしていなかったのですが
実は金魚たち

金魚の紹介
だったことをこの説明で知りました(^^♪

小さな水族館なのであっという間に一周してしまいます
けどいろいろな工夫が成されていて
楽しいですよ

さて肝心の「おんねゆ温泉郷雪物語」
温泉ゆめ広場というイベント会場で
花火があるというのでそちらに移動

雪の滑り台
ぐうぜん娘一家も来ていて
孫は雪の滑り台に夢中でした

雪の滑り台 (2)
今年は雪が少なかったので
滑り台を作るのも大変だったようですが
子供たちは喜んで滑っていました

花火の前にまず
子供たちの待っていたお菓子撒きがあり

太鼓
留辺蘂を中心に活動している「留青太鼓」の演奏
見ている方も寒いのですから氷点下のなかでの太鼓演奏は
大変だと思います
知人がいたのですが足は冷たいし手の感覚もマヒしそうだったと
そして終わった後温泉に入ってやっと一息つけたといってました

花火
花火は10分ぐらい
風もなく冷えた空気の中で見る花火はきれいでしたよ
デジカメであまり良く撮れなかったので
目で楽しんできました

雪物語は2月23日まで毎週土曜日ごとに開かれます
初日でしたけど意外と人は少なかったですね

ホテルのお客さん向けもあるのでしょうけど
最終的にどのくらいの集客があるのか気になりますね

層雲峡と網走・知床に挟まれて
観光地もこれと行ってないと
なかなか厳しいですね

たくさん方が集まってくれるといいですね

能取岬

能取湖畔のサンゴ草を見た後
おにぎりを買って能取岬で食べようと
はりきって行ったのですが・・・

昨日は網走マラソンの日でした

全く頭に入っていなくて
卯原内から入ろうとしたら
交通規制が敷かれていて通行止め

次の大曲から行こうと途中まで行ったら
やはり通行止め

マラソンの応援する側の時は
なんとも思わないけど
意外とめんどくさいものですね

お昼はあきらめて網走の道の駅で食べました
でも走り終えたランナーさんたちや関係者や
観光客などで混んでいましたよ

かなり時間はかかりましたがなんとか能取岬にたどり着きました(^^♪

能取岬
岬の牧場に牛や馬が放牧されていますが
海と灯台と牧歌的でいい感じでしょう

能取岬 (6)


能取岬 (4)
この先にベンチがあり
お昼を食べたり
休んでいる方々が多いです
本当は私たちもそこで食べる予定だった・・・のです

能取岬 (5)
9月23日から放送されている
“嵐”のJALの先得のCMを見るたびに
撮影場所が能取岬ではないかと思っていますが
どうでしょう?




サンゴ草の群落

サンゴ草

網走市卯原内の能取湖畔のサンゴ草が赤く色づいてきました
今日の北海道新聞にサンゴ草の記事と写真が載っていて
思わず「行ってみよう」と出かけたのですが
なんと同じ町の知人が2組
それぞれ別々ですが偶然にも同じ時間帯に一緒になりました

「みんな新聞見てきたんでしょう」と大笑いになりました(^^♪

サンゴ草 (5)
お天気が良く
見に来ている人が多かったですね
大型バスも来ていましたが
個人で来られている人は
意外と新聞の影響も大きいかも・・・・なんてね

サンゴ草 (3)
一時期消えかかったことがありましたが
だいぶ復活してきました


サンゴ草 (4)
残念ながらこんな場所もあります
これではアオサギも寄ってきません
以前はよくサンゴ草の中にアオサギがいて
よい被写体になってくれていたんだけどな~~

サンゴ草とトンボ

今日はトンボが飛いっぱい(笑)

ピークは今月下旬で
来月前半まではきれいに見られるということですよ

田んぼアート

旭川の鷹栖町に巨大な田んぼアートが出現しています
JAたいせつ農協青年部が中心となって作っているものです

今年で12回目だそうですが
今年のテーマは「夜行性の動物」
ユキヒョウ

ユキヒョウです
その左上にフクロウがいます

縦40メートル横170メートル
観察台から見ても
カメラに一度では撮りきれないほど大きさにびっくり!

オオカミ
オオカミ
一番見やすいところ(写しやすい場所?)で
強そうです

稲だけでこんなに素晴らしい表現ができるんですね
圧倒されました
エゾシカとレッサーパンダ
エゾシカとレッサーパンダです

田んぼアート
全部合わせるとこうなります(笑)

苗
緑・黄・紫・赤・白・橙の6色の稲でつくられています

IMG_2234.jpg
一本一本手植えされている写真がありました
それにしてもこの精密さすごいですね~

8月中旬までは見れるそうですよ




プロフィール

soraの風

Author:soraの風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる