頂上から石室周辺で

頂上から石室へ
快晴の中北鎮岳からお鉢の稜線そして北海岳まで
とってもよく見えます

こんな日はどこまでも歩いていけそうですが
今日は石室まで

さて家に帰りつくのを2時と決めて
温泉とお昼を食べることを考えて
逆算すると11時ごろ下山を始めれば
何とか間に合うだろうということで
山の上にいられる時間は3時間

石室へ
石室が見えてきました
道を挟んで融けずにいる雪渓が楽しみです

雪渓とともに
なぜなら雪解けの遅いこの場所は今が花盛りなんです

エゾノツガザクラ (2)
エゾノツガザクラ

ミヤマキンバイ
ミヤマキンバイ

チングルマ (3)
チングルマ

エゾコザクラ
エゾコザクラなどが咲いてるんですよ

北鎮岳とチングルマ
北鎮岳をバックに(^^♪
これだけ見ればすごく咲いているように見えますが

一面綿毛
雪解けが早いところは一面に
チングルマの綿毛が広がっています

チングルマ (7)
綿毛も一つ一つ見るといいものです
朝露がまだありますね

タカネシオガマ (3)
その中でもよく見ると
タカネシオガマや

ミヤマリンドウ (5)
ミヤマリンドウ

イワブクロ
イワブクロ

イワギキョウ
イワギキョウ

コマクサ
コマクサなど少しですが
見ることができます

石室と桂月岳
石室と後ろは桂月岳
石室で軽食を取りどうするか思案です

雲ノ平へ行くか
北海の沢へ行こうか~~
少し歩いてみましたが
結局
去年ナキウサギを見た場所やその近くの岩場で
もしかしたらまた会えるかもしれないと
戻ることにしました

草紅葉
草紅葉が始まっています
後ひと月もすれば初冠雪の話題が出ることでしょう

岩の上に座って
景色を眺めながらナキウサギ待ちを(^^♪

今日は登山者が少ないし
寒くもないしのんびりできました

エゾシマリス (3)
何か動いたなあと思ったら
シマリスです

やっぱりかわいいですよね
朝7合目でちらっとしか見れなかったので
うれしかったです

エゾシマリス (8)
もうすぐ冬になったら冬眠してしまうシマリス
今一生懸命に食べないとね~~

ナキウサギはあきらめてそろそろ下山開始

頂上 (4)
石室方面から見た黒岳頂上です

ぼつぼつ人が増えてきたようです

リフト側からも家族連れや縦走する人たちと
たくさんすれ違いました

朝早く登ってのんびりできて
こんな登山も初めてだねと言いながら
無事に時間通りに家に帰ってこれました

でも石北峠を越えたらぽつぽつ雨が・・・(ほんの一瞬ですが)
峠のこちら側はず~と曇り空のはっきりしない天気だったようでした
スポンサーサイト

黒岳へ

今週は17日から明日まで少し長めの休みをいただいたので
のんびりと過ごしています

と言いたいところですが
なんやかんやの用事がありまして
それなりに忙しく過ごしています

今日も3時から自治会の行事があり
夫が出る予定

それまでの時間を有効に使おうと
言うことで4時に家を出て層雲峡へ
目的は黒岳です(^^♪

着いたのが5時20分ごろ
さっそくロープウェイ乗り場へ
5時50分の始発に乗れました

今まで週末ごとに天気が悪かったのに
今日は青空ですよ
期待できますね

リフト (5)

リフトを乗り継いで歩き始めたのが6時30分
予定より早めの行動になりましたが

登山道

登山道は夏の花から秋の花に変わりつつあり

ウメバチソウ (5)
ウメバチソウのかわいい花や

エゾウサギギク
エゾウサギギク

オニシモツケ
オニシモツケの花

ミヤマサワアザミとカラスアゲハ (3)
ミヤマサワアザミにはカラスアゲハが遊んでいたりと
立ち止まってばかり

夏の賑わいとこれからの紅葉の時期との
間のせいなのか思ったより
登山者が少なくて
のんびり歩けて助かりました

ヤマハハコ
ヤマハハコ

コモチミミコウモリ (2)
コモチミミコウモリ

ダイセツトリカブト (5)
ダイセツトリカブト

ダイセツトリカブト (2)
ダイセツトリカブトの花にマルハナバチが
飛んできて

ダイセツトリカブト (7)
花の中に入っていきました
猛毒を持つトリカブトですが
マルハナバチとは相性がよく
毒は関係ないようです

タカネトウフウチソウ (2)
タカネトウフウチソウの向うに見える
まねき岩が霞んで見えますが

まねき岩 (2)
雲の流れが早くて
すぐ青空が見えます

ハイオトギリ (2)
この辺までくると
ハイオトギリや

ハクセンナズナ (3)
ハクセンナズナ


チシマヒョウタンボクの実 (3)
チシマヒョウタンボクの赤い実が見られます

ミヤマアキノキリンソウとクモマベニヒカゲ
ミヤマアキノキリンソウ(コガネギク)に
クモマベニヒカゲと言う蝶々がいましたが
知らずに写していて後で珍しい蝶なんだと知りました

エゾヒメクワガタ
背の高い花が咲く中で
気をつけてみないと見逃してしまう
エゾヒメクワガタも健在です

IMG_2726.jpg
遠くに赤い実をつけている木がありますが
ウラジロナナカマドです

ウラジロナナカマドの実
この後すぐ近くで赤い実を見つけました
❛秋❜を感じますね

頂上 (2)
花が多くて足がどんどん遅くなり
頂上に着いたのは8時でした
でも最高に良い景色でしょう

久しぶりにお天気に恵まれました

今日は石室までと決めていたので
その辺をうろうろ・・

その様子はまた後半にしますね

友人と

登山道
昨日17日は朝から気持ちの良い青空になりました
風もさわやか
友人と二人で今年初の仁頃山へ
東新道から登りました

何かな~
キノコがあちこちにありますが
その方面には全く疎い二人で
見つけてはなんだろね~と・・・

とくに気になったのがこれ
キノコ?植物?

これも?
これは別もの?
それとも↑の変化したもの?
一つ一つ気になってなかなか足が進みません(^^♪

きのこ
このキノコ
苔の絨毯の中で可愛いいでしょう

セミの抜け殻
セミの抜け殻
ここで脱皮したセミは
今はどうしているのか~

青空 (2)
五合目から管理車道へ出ました
今まで見えなかった青空が・・
秋の雲だね~~

管理車道は花がいっぱい
坂道も気にならないくらいです

エゾトリカブト
エゾトリカブトや

キツリフネ
キツリフネ

ツバメオモト
ツバメオモトの青い実


ハナイカリ
ハナイカリ

ヤマハハコ
ヤマハハコ
花を見ながら歩くのはやはり気持ちよいですね

青空
何度見ても青空と白い雲が気持ちよい
左よりの中ほどに見える黒いものは
ごみではなくてトンボですよ(^^♪

頂上
あっちこっちキョロキョロしながらなので
時間はかなりかかりましたが
やっと頂上に着きました

温度計
気温16度
さわやかです

頂上から
頂上からの景色
遠くは霞んでいますが
満足でしょう

実はこの日は私の誕生日
ひとりでも仁頃山へ行こうと決めていましたが
二人で行けたのでうれしかったです
ゆっくりお昼を食べて

天気にも恵まれよい登山日和になったね
と会話しながら降りてきましたよ

ウエンシリ岳に行ったけど

西興部村教育委員会と
オホーツク総合振興局西部森林室主催の
ウエンシリ岳(1142メートル)登山会が
18日の日曜日にあり参加してきました
看板

参加者は一般参加者やスタッフなど
総勢68名の大人数でしたが

A~E班までグループ分けして
班ごとに5分おきぐらいに中央登山口から登り始めました

ウエンシリとはアイヌ語で
「悪い山」または「険しい山」と言うそうです
確かに登りがきつく
ロープで登る場所もあったりと面白い山でしたが

体調不良で2時間ほど登ったところで
私は無念のリタイヤをしてしまいました

「1000メートルは超えているよ」と言われましたが
それからまだ予定では1時間30分以上かかる
地点での撤退悔しいですね

暑いのに冷や汗が出てきて
めまいがして・・
きっと寝不足と急な暑さのせいかもしれません
夫は血圧の薬を飲み忘れたからだといっていますが
実は同じような状態が
去年の夏に雄阿寒岳登山でもあり
リタイヤしていたのです
これで2度目
山は好きだけどだんだん行けなくなってしまうのかな~

ウエンシリ岳
(真ん中の雪渓のある高い山がウエンシリ岳)

ただ初めから12時の時点で全員登頂できなくても
引き返すという話でしたので多分そのまま登っていても
途中で引き返すことになったでしょう

出発地点に戻って休んでいるとき
登頂したのはÅ班とB班と言う無線が入ってきました

私はC班でしたので・・・
少し気持ち的に楽になりました

イワカガミ

イワカガミ
途中では花を写す余裕がなく
なんとか写したのはこれだけです

前日は町の中にある森林公園キャンプ場で車中泊したのですが
そこにある池に
池

カワセミがいましたよ
少し遠かったのでトリミングしましたが
よくみるとカワセミの前にへんなものが?
なんだろう~~?

カワセミ

西興部村は人口が少ないけど
広くて花がいっぱいで
とてもきれいな村です

興楽園
興楽園という
純和風庭園も見所の一つです

キャンプ場から徒歩圏内に
公園や温泉・コンビニなどありなかなかいいところでした

山はリタイヤしましたが
ゆっくり町の散策ができよかったです
(ちょっと負け惜しみもあるかな・・)

今年初めての山行き

藻琴山
昨日の土曜日
今年初めての山はどこにしようか
仁頃山?
藻琴山?
といろいろ考えましたが
夫と二人ならと藻琴山にしました
(仁頃山は一人でも行けるし・・)

昼から雨が降る予定
朝早く出かけていきました

ミツバオウレン
ハイランド小清水の登山口についたら
相変わらず霧が出ていて寒いです
今日も花見登山だねと足元を見ながら・・・

一番多く咲いていたのはミツバオウレン
その周りには

ヒメタケシマラン
ヒメタケシマランと

なんの花?

いろいろ調べてたぶんエゾゴゼンタチバナかなと思います

ガマズミ
ガマズミです

屏風岩 (2)
今まで全く見えなかった屈斜路湖が屏風岩の先に
かすかに見えてきました
このまま霧が晴れてくれたら・・・

屏風岩
下から吹き上げる風が強くて
飛ばされそうですが
その風に負けずと花が咲いてます

ハクサンイチゲ
ハクサンイチゲです
この場所だけに咲いているんですよね

頂上
頂上です
やっぱり何も見えません(悲)
頂上直下の広場はいつも賑やかなのに
珍しく人がいない・・
天気のせいかな?

岩陰でおにぎりを食べて休憩し
下山です

振り返れば2
途中で振り返ると頂上が見えました

ウコンウツギ
ウコンウツギ
まだ蕾が多い中でこの花だけ咲いていました

屏風岩と屈斜路湖
ラッキーなことに下山を始めてしばらくすると
霧が晴れてきて屈斜路湖がはっきり見えてきました
屏風岩からもはっきりと(^^♪

振り返れば
もう一度振り返ると
頂上がくっきり!!

チシマザクラと屈斜路湖
チシマザクラもまだ咲いていますよ
屈斜路湖と📷

チシマザクラと斜里岳
霞んでいますが
斜里岳と📷

すみれ
スミレ
何スミレかは調べると疲れる・・・
のでスミレです

コミヤマカタバミ
コミヤマカタバミ
よく見かけますね


ツマトリソウ
ツマトリソウ

斜里岳
斜里岳
頂上付近に雲がかかって
全容が見えませんが
ここまで見えればいいだろうと納得
まあまあの登山になりました

昼から雨予報でしたが
夕方まで降らず何とか一日持ちましたよ
プロフィール

soraの風

Author:soraの風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる