FC2ブログ

観光列車

オリンピックで銅メダルを取り
明るい笑顔と北海道弁で日本中で話題になった
カーリング娘たちが北海道に帰ってきました
女満別空港で涙を見せた彼女たちの顔からは
今まで見せてきた顔と違い
故郷へ帰ってきた“安堵”のようなものを感じました

お疲れ様でした
常呂の町で
家族の元でゆっくり休んでほしいものですね

     ☆  ☆  ☆

話は変わりますが
釧路のSL「湿原号」や網走ー斜里間を走る「流氷物語号」
また試験的に道が企画したモニターツアーの
リゾート列車「クリスタルエクスプレス」など
冬の北海道を楽しむ観光列車が人気ですね

SL湿原号はにわか撮り鉄になって何度か追いかけたことがありますが
一度は乗ってみたいなあと思っています

いろいろ計画してみるのですが
実現性が薄いのが悩みの種・・・

そんなことを考えていたら思い出しましたよ
去年京都丹後鉄道の観光列車に乗ったこと
忙しさにかまけてその体験をUPしてなかったことを・・

去年の9月29日から10月3日まで
孫の幼稚園最後の運動会を見に舞鶴へ行ってきました

29日朝千歳から一番の飛行機で伊丹空港へ
伊丹からは高速バスで舞鶴に行きました
昼には着くので半日は自由時間でしたので
これを利用して京都丹後鉄道に乗ってきました
京都丹後鉄道には「黒松」「赤松」「青松」という3種類の観光列車があり
それぞれ特徴がありますが
私たちが乗ったのは「赤松」です

あかまつ号 (3)
入ってきましたよ
ワクワクする瞬間です

あかまつ号 (4)


あかまつ号
一両の落ち着いた色の列車です

乗車券
天橋立駅で勝帰りの列車まで1時間20分ぐらいの
散策をする時間もありました

車内 (2)
ソファ席、カウンター席など、さまざまなタイプの座席や
ショーケース、サービスカウンターなどがあります

隣のホームのラッピング列車が気になる(^^♪

車内 (3)
木目調に統一されていて
落ち着きがあります

車内
JR九州のななつ星など数々の列車デザインで知られる
工業デザイナー水戸岡鋭治氏が
天橋立に代表される日本海の白砂青松を象徴する「松」を
テーマにデザインを手がけています

車内 (5)
二人のアテンダントさんが乗車していて
乗客たちに観光説明したり無料で飲料をサービスをしたりと
忙しそうでしたが
おかげで楽しめました

由良川橋梁
由良川橋梁
由良川河口にかかる橋梁で長さは550メートル
大正13年(1924)に完成した単線橋梁で
水面からわずか3メートルの高さを走っています

この橋梁と走る列車は
撮り鉄さんたちには有名な撮影ポイントだそうですが
乗っていても興奮するんだから
外からも見てみたいなと思いました

由良川
由良川河口
若狭湾に続き日本海に出ますが」
どこから海かわからないくらい広い!!


奈具海岸 (2)
奈具(なぐ)海岸
風光明媚な海岸で列車も徐行運転してくれます

奈具海岸

天橋立駅

終点天橋立駅
帰りは普通列車で西舞鶴まで帰ります
1時間ほどありますので
近くを散策
その様子はまた後で(^^♪

青松

ホームで帰りの列車を待っていると
同じ丹鉄の観光列車「青松」が来ました


ラッピング列車
普通列車ですがこれもまたかわいいラッピング列車です

4時間ほどの楽しい小旅行でしたが
ちょっぴり乗り鉄さん気分になりました
スポンサーサイト
プロフィール

soraの風

Author:soraの風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる