今回も・・・

風穴 012

今日は友人と二人で町内の山奥に出かけてきました
‘風穴’と呼ばれる場所で
氷河期の生き残りと言われる‘ナキウサギ’が生息している場所です

ハイキング程度の距離ですが
落ち葉の道を歩くのは気持ちよかったです

風穴 005
途中には苔のじゅうたんがあり
木漏れ日がきれいです

風穴 010
ガレ場と呼ばれるナキウサギの住んでいるところですが
今回は3時間待ちましたが
甲高い鳴き声を一度聞いただけ
とうとう姿を見せてくれませんでした

風穴 014
雲ひとつないきれいな青空

風穴 015
残り少ない紅葉

風穴 018
名前のわからないトンボ?
岩と一体化しています

風穴 020
そして大空を悠々と飛ぶこの鳥は?

風穴 023
クマタカ?
ハチクマ?
見分けがつきませんが
今日の収穫です

そのほかはエゾリスや
たくさんの小鳥が飛んでいましたが
撮れませんでした

いつになったらナキウサギのかわいい姿を撮ることができるかな~~
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

ナキウサギ残念!

紅葉の絨毯見事ですね!さくッさくッと歩く音が聞こえてきます。
ナキウサギみたかったな~。
よく聞くのは大雪山や十勝岳ですが道東にもいるのですか。
出かける時があれば場所をお聞きしたいな!
トンボは越冬する「オツネントンボ」でしょう。
厳寒の貴地で越冬するとは驚きです。
鷹はシルエットで一寸解りづらいですが、時期的には「クマタカ」ではないでしょうか?
「ハチクマ」は渡り鳥こちらでも渡りは終盤ですのでもういないのではと思います。

こんばんは

ナキウサギに会えなくて残念でしたね
ここは熊はいないんですか?

おはようございます

苔の絨毯が、素晴らしいですね
こんな素敵な所が、近間になるなんて
羨ましいです

鳥は、分かりませんが
トンボは、唯一越冬する
おそらく「オツネントンボ」ではないかと思います

minojiさんへ

わが町にもいるんですよ
ここへは毎年出かけているのですが
前回足元から突然出て背中を写したのみで
まだかわいい顔を見ていないんです(泣)
新聞社のカメラマンが一日いて何匹か写していたので
3時間では足りなかったかも・・・

先日十勝岳のふもと望岳台も行ったのですが
その時も空振り
なかなか会えません

> トンボは越冬する「オツネントンボ」でしょう。
> 厳寒の貴地で越冬するとは驚きです。
ありがとうございます
地味な姿だったのでトンボかどうか不安でしたが
越冬するんですか


クマタカですか
かなり上空を飛んでいて
トリミングをしてこの大きさなので
わかりづらかったですね

もう一度図鑑を見ると
ハチクマは渡り鳥で夏鳥と書いてありました

いろいろ教えていただいてありがとうございました


たんたかさんへ

> ここは熊はいないんですか?
います!!
以前一人で行って怒られました
前回は道の真ん中にクマさんの落し物がありましたし
今回は湿った所に‘足跡?’らしきものがあったり・・・

山道は歩いて30分ぐらいですが
鈴を思いっきり鳴らして歩きましたよ

山親爺さんへ

> 苔の絨毯が、素晴らしいですね
いいでしょう
この苔のじゅうたんを見ると癒されます
時期なので緑がちょっと色あせていましたが・・

> おそらく「オツネントンボ」ではないかと思います
そうなんですね
越冬するトンボがいるなんて知りませんでした
ありがとうございました

おはようございます

この鳥はハチクマではありません。クマタカだと思います。
食事のあとか、そのうがふくらんでいますね。気がつかれましたか?

コメントはさしあげていませんが、度々訪問させて頂いています。
その度に、もう一度そちらに行ってみたいと考えるのですが、いろいろ予定が多くて、、、、、、

タカ長さんへ

> この鳥はハチクマではありません。クマタカだと思います。
クマタカなんですね
皆さんに教えていただいて良かったです
ありがとうございます

> 食事のあとか、そのうがふくらんでいますね。気がつかれましたか?
全くわかりませんでした
胸のあたりですか?
なんか固いものが入っているように膨らんで見えます
さすがタカ長さん
お詳しいですね

私も時々お邪魔しています
(足跡も残さず・・笑)
まだ山に行かれていいですね
北海道は冬山になりつつあり
もう行けません
うらやましいです

プロフィール

soraの風

Author:soraの風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる