北鎮岳へ

CIMG3283.jpg
お鉢平から間宮分岐を経て北鎮岳に向かいます

雪渓を登りきってとがって見えるのが間宮分岐
正面少し右寄りの高いところが頂上です

IMG_0166.jpg
尾根上にはクモマユキノシタ

IMG_0175.jpg
ウスユキトウヒレンなどの高山植物が風に耐えて
一生懸命咲いています

ここは風の通り道
地面を這うような草花ばかりです


IMG_0179.jpg
雪渓が目の前に
それにしても高い
見えていないけど
雪渓が2段階になっています
あ~~登るしかないか~
うっすら赤い線をたどって
先に歩いている人の靴跡に足を重ねて~と言うけど
歩幅が合わなかったり・・いったいどれくらいの人がここを上って降りたことだろう

青年がフロンテア精神とか言って新しい道を開拓しようとしていましたが
固くなった雪に道をつけるのは大変なようでした


IMG_0181.jpg
足元ではタカネスミレが頑張れ!といってくれるようです

IMG_0186.jpg
無事雪渓を超えて
間宮分岐に到着です
ここに荷物を置いて身軽になって北鎮岳に向かいます

石だらけの道ですが20分もあれば登れます

IMG_0192_20160807133947c0b.jpg
旭岳に次いで道内2番目の高さです
後ろに見えるのは比布岳と愛別岳でしょう

IMG_0193.jpg
うっすらと雲がかかっているのが旭岳
その麓に青い忠別湖とその先に東川町が広がっているのが分かります

実は同じころ息子と小3の孫が旭岳に登っているはず・・
電話してみようと夫が携帯をとりましたが
❛圏外❜でした
残念!!

後で聞いたところによるとその時間は下山して温泉に入っていたらしいです(笑)

IMG_0200.jpg
頂上から見るとお鉢平の全貌が見渡せます
奥に見えるのは白雲岳

手前の茶色に見えるところが分岐点
細く道が見え人影もなんとなく感じられますね
降りていく雪渓も見えます

IMG_0212_2016080719474793b.jpg
帰りは同じ道を戻ります
行きにも同じ風景を見ているはずですが
帰り道で見る景色が素敵だな~と感じることも多いですね


そしてこの登山でのクライマックスは突然やってきました
IMG_0236.jpg
前を歩いていた人たちが
「何この動物?見たことないね」の一言に
急いで行ってみると

なんと登山道にナキウサギが出てきたのです
こんなことって・・・あるんですね(^^♪

IMG_0242.jpg
石室から黒岳に戻る最後の岩場周辺にはナキウサギが住んでいる
と言うことは知っていました
(去年もカメラを構えて待っている人がいました)
その場所がもう少しだなと思っていたのに
ナキウサギがいたのは
エゾツツジなどの低木と高山植物などが咲くちょっとこんもりとしたところ
よくみると小さな岩の入り口が何か所かあり
そこを出たり入ったりしていました

時間にすれば一分もしないほんのわずかな時間
心もカメラも準備でできないうちにいなくなってしまった~~
この2枚のほかはボケボケ

でもこの2枚でも大満足です
ず~と撮りたいと思っていたのですから

今回は花も楽しめ
ギンザンマシコも撮れた
ナキウサギにも会えた

もう最高の山旅でした

長い間お付き合いいただきありがとうございました


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

No title

ナキウサギ遭遇ですが、なんとも羨ましい限り。
けっこう歩いてきましたね。花もたくさん。
この辺は何度でも行きたくなる場所ですね、冬を前に1-2回は出掛けたいなぁー!
お天気も良かったですね、素晴らしい景色ありがとう!!

おはようございます

ナキウサギとの出会い
良い、癒しになったでしょうね!

素晴らしい天空の世界、高山植物、ナキウサギ
どれも、見れな物ばかりです
ありがとうございました


野付ウシさんへ

ナキウサギが登山道に出てくるとはもうビックリです
ラッキーでした(^^♪

約14キロぐらい歩きました
歩数も28000歩ぐらい
結構頑張りましたよ

紅葉の時期もいいですね

山親父さんへ

コメントありがとうございます
楽しんでいただけたら嬉しいですよ

高山植物も鳥もナキウサギもシマリスも
短い夏を楽しむようにイキイキして見えました
プロフィール

soraの風

Author:soraの風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる