ウエンシリ岳に行ったけど

西興部村教育委員会と
オホーツク総合振興局西部森林室主催の
ウエンシリ岳(1142メートル)登山会が
18日の日曜日にあり参加してきました
看板

参加者は一般参加者やスタッフなど
総勢68名の大人数でしたが

A~E班までグループ分けして
班ごとに5分おきぐらいに中央登山口から登り始めました

ウエンシリとはアイヌ語で
「悪い山」または「険しい山」と言うそうです
確かに登りがきつく
ロープで登る場所もあったりと面白い山でしたが

体調不良で2時間ほど登ったところで
私は無念のリタイヤをしてしまいました

「1000メートルは超えているよ」と言われましたが
それからまだ予定では1時間30分以上かかる
地点での撤退悔しいですね

暑いのに冷や汗が出てきて
めまいがして・・
きっと寝不足と急な暑さのせいかもしれません
夫は血圧の薬を飲み忘れたからだといっていますが
実は同じような状態が
去年の夏に雄阿寒岳登山でもあり
リタイヤしていたのです
これで2度目
山は好きだけどだんだん行けなくなってしまうのかな~

ウエンシリ岳
(真ん中の雪渓のある高い山がウエンシリ岳)

ただ初めから12時の時点で全員登頂できなくても
引き返すという話でしたので多分そのまま登っていても
途中で引き返すことになったでしょう

出発地点に戻って休んでいるとき
登頂したのはÅ班とB班と言う無線が入ってきました

私はC班でしたので・・・
少し気持ち的に楽になりました

イワカガミ

イワカガミ
途中では花を写す余裕がなく
なんとか写したのはこれだけです

前日は町の中にある森林公園キャンプ場で車中泊したのですが
そこにある池に
池

カワセミがいましたよ
少し遠かったのでトリミングしましたが
よくみるとカワセミの前にへんなものが?
なんだろう~~?

カワセミ

西興部村は人口が少ないけど
広くて花がいっぱいで
とてもきれいな村です

興楽園
興楽園という
純和風庭園も見所の一つです

キャンプ場から徒歩圏内に
公園や温泉・コンビニなどありなかなかいいところでした

山はリタイヤしましたが
ゆっくり町の散策ができよかったです
(ちょっと負け惜しみもあるかな・・)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

No title

山は下山する勇気も必要とそういえば息子に言われたことも
ありました。 雌阿寒岳では 夫が7合目で何時も下山していました。
それでも懐かしい思い出です。

おはようございます

久しぶりのコメントです。ご無沙汰しています。
私たちのグループでもそのようなことがありました。寝不足で体調不良の人がピンチになりました。
小さな山なのでゆっくりと登り、30分遅れで山頂に着きました。
この歳になると体調は日替わり、無理をなさらなかったのは正解ですね。無理は禁物です。

加齢とともに山が高くなったように感じたり、傾斜がきつくなったように感じたり、、、、
そのような状態ですが、それに臆することなく山に行くよう仲間たちと励ましあっています。
しかし、歩く距離を短くするのはOKです。
山歩きは小さくなっても継続する、それがいまの私たちの基本姿勢です。

これに懲りず山歩きだけは継続して下さいね。記事を楽しみにしていますから、、、、、。

No title

soraの風さん、こんばんわ。
登山は無理は禁物ですね、何か変だな?と思ったら引き返すのが鉄則ですね。
(私の海別岳も途中撤退でした)
仁頃山でさえ「いつでも引き返す覚悟」が必要だと思っていますので。
年齢や体力に応じた歩き方をして、無理をしなければ、80まで平気でしょう。
ただ、グループで行動すると、どうしても送れないよう無理をしがちですね。
単独で動く私はマイペースを守るためにそうしています。
まぁ、何事もなく楽しめたのでしたら良かったですね。

遠音さんへ

リタイヤはしたくなかったのですが
さすがに無理でした

でも降りる勇気も必要ですね

タカ長さんへ

お久しぶりです
コメントありがとうございます

タカ長さんたちグループのみなさんがいつも
楽しそうに山登りされている姿をうらやましいなと見ていますよ

そんな楽しみを私も持っていきたいです
これからもゆっくりのんびりと(^^♪


野付ウシさんへ

今回のリタイヤで
やっぱり自分のペースで登ることが
一番だと思い知りました
花を写す余裕がないとだめですね

体調管理も含めて80までは無理かもしれないけど
登り方を考えながらゆっくりのんびり楽しみます
プロフィール

soraの風

Author:soraの風
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる